最近お腹周りの脂肪が気になる、体重計に乗ったらショックを受けた、血糖値が気になる…そんなお悩みがある人は多いのではないでしょうか?
全体はそこまで太ってないけど、お腹まわりだけヤバイ!そんな人はサプリメントの力を借りて、体の中からコントロールする必要があるのかもしれません。

 

食事の際に取り込む糖分の摂取量を減らすことで、血糖値を抑制しダイエット効果を与えてくれるサプリメントの小林製薬のサラシア100と、腸内フローラをサポートすることでお腹周りの脂肪を減らしてくれる悠悠館のLAKUBI(ラクビ)について血糖値コントロールという観点に着目して効果・効能、そして気になる価格を徹底比較してみました。

ラクビとこうじ酵素の基本情報を徹底比較!

LAKUBI(ラクビ)とこうじ酵素基本情報から比較していきましょう。

商品名
こうじ酵素

LAKUBI(ラクビ)

特徴 簡単・手軽に始められる血糖値コントロール! 糖の吸収を抑えて、食後の血糖値上昇をゆるやかに!
主成分 サラシアキネンシスエキス 酪酸菌
オリゴ糖
サラシアエキス
レジスタントプロテイン
効果 糖の吸収抑制
血糖値上昇の抑制
体重や体脂肪の改善
慢性的な高血糖の予防・改善
腸内フローラを整える
短鎖脂肪酸を作る細菌を増やす
便秘の改善
お試し価格 980円/15日分 990円/31日分
通常価格 4,536円/30日分 4,104円/31日分
定期コース価格 初回のみ半額2,268円/30日分
2回目~12%OFFの3,991円/30日分
約35%OFFの2,650円/31日分
おすすめの人 炭水化物が大好きな人
運動ができていない人
ついつい食べすぎてしまう人
排便サイクルの悪い人
お腹だけポッコリな人
頑張っても効果が出ない人
販売元 小林製薬株式会社 悠悠館
食品区分 特定保健用食品 栄養補助食品

サラシア100は血糖値コントロールに着目した商品だけあって、余計なものは入れず、サラシアから抽出された特許取得の新成分「ネオコタラノール」がメインで配合されています。

それに対してLAKUBI(ラクビ)の方は腸内フローラを整えるダイエットという面に注目した商品で、健康サポート成分短鎖脂肪酸を作る酪酸菌がメインで配合されていて、そこにプラスしてオリゴ糖やサラシアエキスが配合されています。

血糖値のコントロールをメインで行いたい場合はサラシア100。

ダイエットやおなか周りをスッキリさせたい!など血糖値以外の目的がメインの人はLAKUBI(ラクビ)の方がおすすめです。

ラクビとこうじ酵素の価格差はどのくらい?

次に気になるそれぞれの価格を比較していきたいと思います。

LAKUBI(ラクビ) 価格 1日あたり
お試し価格 31日分 980円 約31円
通常価格 31日分 4,104円 約132円
定期コース価格 2,650円 約85円
1年合計 3,0130円 約83円
こうじ酵素 価格 1日あたり
お試しサイズ 15日分 980円 約65円
通常価格 30日分 4,536円 約151円
定期コース価格 初回半額
2回目以降12%OFF
2,268円
3,991円
約75円
約133円
1年合計 46,169円 約128円

お試し価格は両方とも980円となっているのですが、入っている量が全く違います。

サラシア100が半月分なのに対して、LAKUBI(ラクビ)は約1ヶ月分となっています。

価格だけみればLAKUBI(ラクビ)が圧倒的に勝利ですが、LAKUBI(ラクビ)のほうがこれだけ安いのには理由があります。

特別保健用食品(トクホ)と栄養機能食品の違い

日本では平成27年4月から保険機能食品制度が新しく変わって、サプリメントなどの保健機能食品は全部で3段階に分けられるようになりました。
サラシア100が特定保健用食品(トクホ)と呼ばれる分類なのに対して、LAKUBI(ラクビ)は栄養機能食品となっています。

 

分類 特定保健用食品(トクホ) 栄養補助食品 機能性表示食品
表示の違い 特定の保険用途の表示、疾病リスク低減に関する表示が許可されている。 栄養成分の補給のために利用され、栄養成分の機能を表示するもの 明確な表現や意図的な健康増強は表現できない
消費者庁許可マーク あり なし なし
国の審査 あり なし なし
消費者庁長官が許可 企業団体の届出が必要
情報公開有無 義務付けられていない 栄養機能表示と注意喚起の表示が必要 義務付けられている
有効性・安全性 ヒトでの試験を実施し、科学的根拠を示す必要がある なし ヒトでの試験または文献、論文を引用して科学的根拠を示す必要がある

 

LAKUBI(ラクビ)に比べると、サラシア100のほうが効果に対して国の審査を経ている分信頼度や安心度が高いことや、配合されている成分が特許を取得している点などが価格差の理由になります。
食品よりも医薬品のほうが高いのと一緒で、効果が高い分価格も高くなってしまうということになります。

ですがLAKUBI(ラクビ)のほうも、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が決めた上・下限値の規格基準に適合している商品です。
自分の身体で補いきれていない栄養素をサポートしてくれる働きがしっかりと認められています。

サラシア100が血糖値に効く秘密

食事で摂取した糖分は、最初はネックレスのようにつながった状態で体内に入ってきます。
それが小腸の消化酵素によって、ネックレス状態になっている糖分が1つずつに分解されることで体内に吸収されていくのですが、サラシアはこの酵素による分解を阻止することができます。

 

糖分は他とつながっている状態だと、体内に吸収されにくいため、分解を阻止することによって体内に吸収される糖分の量を減らして、食後の血糖値を抑制してくれる働きがあります。

LAKUBI(ラクビ)がお腹まわりに効く秘密

LAKUBI(ラクビ)は健康をサポートしてくれる成分である短鎖脂肪酸を作ってくれる酪酸菌を、生きたまま配合することに成功。
さらにオリゴ糖とサラシアエキスの力で腸内にもともと存在するやせ菌を増やして、でぶ菌を減らしてくれる働きがあります。

 

またレジスタントプロテイン&ビフィズス菌B-3は体内の不要な油を吸着し、体外に排出してくれる働きがあり体の中をすっきりさせてくれます。
ビフィズス菌B-3は森永乳業が40年かけて選び抜いた健康サポート成分で、酪酸菌と一緒にとることによってより効果を引き出してくれます。

 

LAKUBI(ラクビ)は1つのサプリメントでいくつもの効果を得られるところに大きなメリットがあります。

 

ラクビとこうじ酵素まとめ

こういったサプリメントは体質に合う、合わないがあるためこっちのほうが、効果が高い!と一概に決めることはできません。

ただし先ほど紹介しようにサラシア100は血糖値をコントロールする働きがあるのに対して、LAKUBI(ラクビ)のほうは身体がもつ働きを助けてくれる補助的な存在です。
含まれるサラシア由来成分の量もLAKUBI(ラクビ)よりサラシア100の方が多く含まれている為、血糖値をしっかりコントロールしたい!という人はサラシア100のほうがおすすめかもしれません。
逆にダイエットを主な目的としているのであれば、まずは価格の安いLAKUBI(ラクビ)から試してみるのもいいですよね。

どちらのサプリメントも効果を実感するためには2~3ヶ月以上は、飲み続ける必要があります。
どちらの商品も最安値は公式サイトの定期購入となっていますので、購入の際は公式サイトを利用して購入してくださいね。